• このエントリーをはてなブックマークに追加

常備できる冷凍ベーグルは輸入食品の便利食材

ベーグルとは、発酵させた生地を茹で、その後じっくりと焼き上げて作られるパンの一種です。もっちりとした食感はベーグル特有のもので、くせのない味わいで年齢を問わずファンが多い食材です。シンプルな材料で作られていて、他のパンに比べて低脂肪で低カロリーという点も人気のポイントです。
ニューヨーカーの朝食というイメージの強いベーグルですが、発祥の地はポーランド南部のクラクフであるとされ、もともとは東欧系ユダヤ人が食べていたといわれています。
近年では日本でももちもちとした食感が評判となり、カフェでよく提供されているほか、輸入食品店でも定番の人気を誇る食材です。輸入食品店では、冷凍のベーグルが販売されています。冷凍なら賞味期限が長いので、常備しておくのに便利です。食べたいときに解凍して手軽に食べられるので、たくさんストックしておくという人も多いです。

冷凍ベーグルを解凍する方法

冷凍のベーグルは、冷凍庫から出して室温である程度まで解凍してからオーブントースターで焼けばOKです。出来たてとほぼ変わらない美味しさをいつでも楽しめるのが冷凍の良いところです。
室温で解凍する時間がないときは、冷凍したベーグルを水で軽く湿らせ、電子レンジで30秒前後加熱した後にオーブントースターで焼けば食べられます。電子レンジの出力によって加熱する秒数を調整してください。
冷凍でないベーグルを冷凍したい場合、1個ずつラップや冷凍保存袋などに入れてから凍らせると便利です。カットされていないベーグルなら、数cmの厚みに切り分けてから冷凍します。

ベーグルのアレンジレシピ

ベーグルをアレンジして食べると、そのまま食べるのとはまた違った味わいが楽しめます。冷凍ベーグルを室温で解凍してから水平に半分に切ってオーブントースターでトーストし、切った断面にバターを塗って食べるシンプルなアレンジは朝食に最適です。
ベーグルを使ったオープンサンドは定番のアレンジレシピです。挟む具材はクリームチーズやスモークサーモンが人気ですが、他にもアボカドやエビなどの具材を挟んでも美味しく頂けます。フルーツサンドにすると、見た目も華やかでパーティーに出しても喜ばれます。
他にも、フレンチトーストやラスクへのアレンジもできます。食パンやバゲットなどの他のパンと同じように、アレンジが自在のベーグルは冷凍で買い置きして毎日味わいたい逸品です。

ピックアップ記事

輸入食品店で実は人気の食材、ラーメンの魅力

食べたい時にすぐに食べられるインスタントラーメンは、私達の生活にとても身近なものです。輸入食品店でも色々な国のラーメンがカップ入りや袋入りで発売されており、食べ比べてみると日本のインスタントラーメンと...

輸入食品店で手に入るカペリンキャビアはどんな食材?

世界三大珍味の一つとして数えられるキャビアは、チョウザメの卵を塩漬けにしたものです。主な産地はロシアで、オードブルとして高級なレストランで提供されることが多い高価な食材として知られています。特に近年で...

常備できる冷凍ベーグルは輸入食品の便利食材

ベーグルとは、発酵させた生地を茹で、その後じっくりと焼き上げて作られるパンの一種です。もっちりとした食感はベーグル特有のもので、くせのない味わいで年齢を問わずファンが多い食材です。シンプルな材料で作ら...

グリッシーニは輸入食品店で人気の食材

グリッシーニとは、主に小麦粉を原料としたスティック状のパンのことです。生地を発酵させて焼き上げたもので、ポリポリとしたクラッカーのような食感が楽しめます。一般的なグリッシーニの長さは25cm程度ですが...